一日目 太陽の朝

朝。
ぼくは窓を開けて、外を見た。
うーん、良い天気だぁ。
ぼくは、太陽が昇っているのを見て、太陽にあいさつをした。
「おはよ。」
太陽の世界にも同じように朝がやってきて、太陽も朝を迎えているからね。
ぼく達の世界は、太陽からたくさんの光をもらって生活ができているでしょう。
太陽の世界は、ぼく達の星から暗闇をもらって生活をしているんだって。
その暗闇の星が太陽の世界に昇ると、太陽の朝を迎えるんだ。
太陽の世界は面白くってね、ぼく達は、暖かいものが必要でしょう。
でも、太陽の人々は冷たいものが必要なんだよ。
すべてが逆なんだよ。
ぼく達は、水と土から生まれたって言われているでしょう。
太陽の人々は、火と風から生まれたんだって。
お互いは、絶対にけんかをしちゃいけないんだ。
そうすると、何もかもが消えてしまうって学校の教科書に載っていたよ。
すべてのものは、お互いを助け合って生きているって、先生も言っていた。
それは、算数でも証明されていて、マイナス1とプラス1をくっつけると、0になってしまうんだ。
「朝のごはんよういできたわよ。」
ママの声だ。ぼくは、台所に向かった。
テーブルには、目玉焼きとトーストが置いてあった。
ママは、手にサラダの入ったお皿を持ってテーブルに来た。
「ねぇ、ママ。太陽の世界の人々は何を食べているのかなぁ?」
「きっと、おいしいものよ。」
「でも、ぼく達は食べられないものだよね、きっと。」
「そうね、火と風でできている野菜とか食べるのよ。」
「食べてみたいなぁ。」
「そうね。」
ぼくとママは、朝のごはんを食べた。
食べ終わって、ぼくは、また自分の部屋に行った。
空を見上げると、大きな雲が遠くの空からどんどんとこっちに向かってきていた。
あーあ。太陽が隠れちゃうなぁ・・・。

ズッキューン 1 Star 1
Loading...

うや

童話、小説、その他、いろいろ妄想したり書くのが好き。最近は、わたしのトリセツ「ショコラ」の文章を担当してるよ。https://chocolat.jp/ まだまだ書くこといっぱいあるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください