三日目 虹の橋

海が見渡せるこの砂浜。一面に雨雲が見えて、海の色も少し黒がかった色をしていた。
ぼくは砂浜にしゃがみこみ、遠くの雨雲を見つめていた。
ぽつんぽつんと、雨は降っていたけど、次第に雨はやんだ。
そして、雨雲はどんどん小さくなって、見る見るうちに消えちゃった。
空は晴れ渡ってきて、海の色もきれいな青色に光った。
「あ!虹だ!!」
ぼくは思わず叫んでしまった。
虹の右側が砂浜の端っこの方に引っかかっている。
ぼくは、一生懸命走って、虹のふもとにきた。
大きな、大きな、橋のように感じたよ。
虹を横から見ると、バームクーヘンのようだったけど、縦から見ると虹は一直線に伸びる光の柱に見えた。
おそるおそる近づいてみてびっくりした。
だって、いろいろな色を出す虹の橋には、ちゃんと階段がついているんだもん。
その虹の橋を触ってみた。階段だぁ。思い切って登ってみた。
一歩歩くごとに音が出る。その音は鉄琴のようで、キーンとひびきわたる音がなった。
どんどん、登っていくと音楽になっていることがわかったよ。
どこかで聞いたことがあるような、ないような。うーん。
はっと、後ろを見ると、ぼくはかなり高いところまで登って来ていた様で、少しぞくぞくしたよ。
でも、まだまだ登れるし、それに音楽がとても気持ちがいいもの。
あれ?ぼくが歩いて音が出ると、それと同時に雨の粒がくっついて、音符の形になって飛び跳ねている。
一歩歩くと、音が鳴り、音符が飛び出る。
音符は透明でとてもきれいに光る。太陽がその音符をいろいろな色に輝かせるんだ。
楽しみながらあがっていくと、とうとう、一番上に着いちゃった。
遠くの海を見渡してみた。そして、反対の方向の砂浜を見つめた。
とても、気持ちの良い日だよ。ぼくは、後ろのポケットに手を入れた。
砂浜の砂が、少しポケットに入っていた。
ぼくは、その砂を手に取り虹の上から海に向かってまいた。

ズッキューン 1 Star 0
Loading...

うや

童話、小説、その他、いろいろ妄想したり書くのが好き。最近は、わたしのトリセツ「ショコラ」の文章を担当してるよ。https://chocolat.jp/ まだまだ書くこといっぱいあるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください