十三日目 風車

冬の国からの風が一段と強くなってきた。
この時期になると、風車の羽根がより一層早く回る。そう言っても飛行船のようにぐるぐる早く回るわけじゃないけどね。
ぼくはマフラーをして、温かいジャケットを着込むと、薄く曇った空の下へ出かけた。もちろん目指すのは風車のところだよ。
ぼくの街から少し北に行ったところに小さな丘が五つあって、一つの丘に一つの風車があるんだ。
ぼくはそのうちの一番大きな風車のそばに行くと、ポケットの中から小さなたて笛を取り出した。風車小屋の中から、機械の音がしてきて、その音に合わせて笛を吹くのが、とても気持ちがいいんだ。
それに、街を全部見渡せるし、その向こうに広がる海も見えるんだ。ぼくは風車小屋にもたれて座ると、小屋の中から出てくる音を探した。
ギッシュン、ガッシュン、ギッーシュン、ガーッシュン。
その音に合わせて、笛を吹き始めた。
風車のギッシュン、ガッシュンが混ざると、雲を動かすことができるんだ。まだぼくには、小さな雲しか動かすことができないけどね。上達すると風車小屋の音に合わせないでも、そう、笛を吹いただけで雲を動かしたり、風を操ったりできるようになるんだよ。
そういうことができる人を、風水師って言うんだ。
ぼくのパパがまさに風水師なんだけどね。
この街では、家ごとにみんな別々の仕事をしていて、ぼくの家は昔から風水師の一家なんだ。お隣さんは、種の調合をする一家で、そのまた隣さんが絨毯を作る一家という感じでみんな家々に違うんだ。そして、お互いが助け合って生きているわけ。だから、ぼくは一刻も早く風水師としての役割をマスターしなくっちゃいけないんだ。
笛の音との、ギッシュン、ガッシュンが混ざり合い、雲は一直線になった。

ズッキューン 1 Star 1
Loading...

うや

童話、小説、その他、いろいろ妄想したり書くのが好き。最近は、わたしのトリセツ「ショコラ」の文章を担当してるよ。https://chocolat.jp/ まだまだ書くこといっぱいあるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください