十一日目   

「なんか、おかしくない?」
なにが?
「ほらやっぱり変だよ。」
だから、なにが?
「君は誰?」
ぼく?ぼくは君だよ。
「え?」
だれだって、自分の中に何人かぼくが存在するでしょう。
「うーん。どうだろう。」
でも、ぼくには存在するわけなんだ。こうやって、話しているわけだし。
「うん。でも、やっぱり変だよ。ほら、タイトルがない!」
ぼくが書きたくなかったんだもん。いいじゃない。たまには。
「まぁ、いいんだけど。」
でも、一応タイトルはあるんだよ。
「なんて言うタイトル?」
”   ”だよ。
「え?聞こえないよ。」
だから、”   ”だってば。
「なにも言っていないじゃない。」
タイトルを消しちゃっているのさ。そうそう、ぼく自身を消すこともできるんだよ。
「どうやって。」
うーんとね、こうやってさぁ。
「え?だから、どうや・・・」

 

わかった?
「・・・。うん。怖いねぇ。」
もう一回やってあげようか?
「もういいっ

 

ね。何にもなくなって、真っ白。
「・・・もういいよ、じゅうぶんわかったから。」
うん。さぁてと、ぼくはそろそろ出かけるから。またね。
「どこへ行くの?」
「真っ白な世界さ。」

ぼくは、目を覚ました。
ふぅ。夢の世界だったのかぁ。
ん?やっぱり、おかしい・・。
だって、やっぱりタイトルがないもの。
タイトルが、真っ白だもん。

ズッキューン 1 Star 1
Loading...

うや

童話、小説、その他、いろいろ妄想したり書くのが好き。最近は、わたしのトリセツ「ショコラ」の文章を担当してるよ。https://chocolat.jp/ まだまだ書くこといっぱいあるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください